2007年10月13日

venttoggle v0.01

WILLCOMの新高速化サービス(Venturi Client)の有効/無効 切り替えアプリです.

拙作のventctrlと大きく機能は変わりませんが,ユーザインターフェイスを変更しています.
基本的に2chブラウザ2++起動時に使用することを想定しています.

バイナリとソースはこちら.

venttoggle_v001.zip
venttoggle_v001_src.zip
# サービス終了に伴い,公開を終了しました.
W-ZERO3 Utility PlusやSortInchKeyなどを利用し,2++が前面時に
ソフトキー2を押すと本アプリを起動するようにすると便利だと思います.

アプリを起動すると,現在の高速化ON/OFFの状態が,画面中央に表示されます.
venttoggle1.jpg

その状態でソフトキー2を押すと,ON/OFFをトグルすることができます.
venttoggle2.jpg

アプリは数秒間(1〜3秒程度)操作がないと,自動的に終了します.

posted by ori at 16:57| Comment(7) | TrackBack(1) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いただきました!
非常に使いやすいです。
Posted by at 2007年10月14日 01:14
なんかわがままな要望なのですが特定のアプリを使う時のみ、高速化オンになるような仕様にならないでしょか?もっと極端に言えばオペラを使う時のみオンになればいいのにと思いました(他のブラウザで使いたい人もいると思います)。どうもVenturi Clientは他のアプリケーションに悪さするような気がします。ブラウジング以外に使い道ないと思うのでそのほうが楽だと思います。逆に言えばいちいち手動でオン、オフする必要もないし、キーで割り当てする必要もなくなるのでボタンも一個空いて便利なる気がします。
Posted by はじめまして直之といいます at 2007年10月27日 14:14
直之さんへ

コメントありがとうございます.

「特定のアプリを使う時のみ高速化オン」を実現しようとすると,常駐アプリとなり,一定時間間隔で特定アプリが起動しているかどうかチェックしなければいけません.
チェックする間隔はそれなりに短くなければならないので,システム全体のパフォーマンスに影響が出てしまう気がします.

Operaを使うときのみオンにするといった運用ならば,ExecMultiとventctrlを組み合わせるといったアプローチの方が良いと存じます.
Posted by ori at 2007年10月28日 16:36
ありがとうございます。やってみます。
Posted by 直之 at 2007年10月28日 22:17
便利なツールのソースを公開してくれてありがとうございます。
実はq2chwmという2chブラウザの竜巻制御に、venttoggle のソースの中から、VentUtil.*/ServiceFunc.* を使わせていただきました。
このq2chwm改造版を公開したいのですが、GPLの性質上、コンパイルするためのソース、差分を同梱したいのですが、許可をいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

参考:ttp://pc11.2ch.net/test/read.cgi/mobile/1202182451/476-
Posted by 元研究所員A at 2008年03月04日 09:38
元研究所員Aさんへ

当該ソース・差分についてですが,同梱することに何の問題もありません.
Posted by ori at 2008年03月04日 23:24
ありがとうございます^^
Posted by 元研究所員A at 2008年03月05日 08:39
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60487453

この記事へのトラックバック

ぜろさんの高速化専用ソフトでサクサク♪MEGAPLUS Venturi Client for W-ZERO3
Excerpt: 【WILLCOM|高速化サービス】 ウィルコム経由のパケット通信時に、ブラウジングの体感通信速度を最大200%まで高速化させるサービスです。W-ZERO3シリーズをご利用のかたは、専用クライアントソ..
Weblog: つまっちの用法用量は正しくお使いください。
Tracked: 2007-12-27 03:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。