2008年02月26日

kicklightmail テンプレート対応お試し版

kicklightmailにテンプレートを指定するオプションを追加しました.

adesでは正常に動作しないようなので,お蔵入りとしました.(2008.02.26 21:05)
バイナリとソースはこちら.

kicklightmail_v001tmpl.zip
kicklightmail_v001tmpl_src.zip


kicklightmail 07000000000 template.txt
のように指定して実行すると,宛先は07000000000,本文にtemplate.txtの中身がセットされた状態で,ライトメールアプリが起動します.
(template.txtの文字コードはShiftJIS)

また,従来通り,宛先のみの指定による起動も可能です.

本文へのテンプレートのセットはUI操作のシミュレーションで行っています.ライトメールアプリのUIは003SHとes, ad[es]とでは違うようですので,これらの環境では正しく動作しないかもしれません.

es, ad[es]でもテンプレート機能が正常に動作することが確認できたら,正式にv002としてリリースするかも.
posted by ori at 00:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素早い対応ありがとうございます。
無印での動作は完璧です。
実はアドエスも持っているんですが、こっちの動作は次の2点がおかしいです。
1. テンプレートの文の後に「本文入力」と入力されている状態になります。
2. 本文の文字色が灰色になります。
簡単な報告ですみません。
Posted by a at 2008年02月26日 01:34
ちなみに90文字を超えると切り捨てられるんですが、アドエスだと「本文入力」が入る分8文字短くなります。
それと、余談ですがテンプレート内に絵文字を入れておけば、絵文字もいけますね。
Posted by a at 2008年02月26日 01:45
aさんへ

動作確認ありがとうございます.
危惧していた通りadesでは正常に動かなかったですね.

実機を持っていないため,修正は難しい状況です.申し訳ないのですが,お蔵入りとさせてください.
Posted by ori at 2008年02月26日 21:11
それは残念です。個人的にはお試し版をずーっと使わせていただきます。ありがとうございます。
ところで、UI操作のシミュレーションというのは、タップのシミュレーションですよね?(簡単なスクリプト程度しか書けないレベルなので、はずしていたらごめんなさい)
最近、Hand2LightEmailというライトEメール関係のmortscriptが出たんですが、これを見てみると宛先(kicklightmailを電話番号だけ指定して起動すると宛先にキャレットがあります)からdownキーを押す処理でもって、本文に移動しています。
この方法ではダメなんでしょうか。
素人考えかもしれません。すみません。
Posted by a at 2008年02月29日 03:09
実現方法はいろいろあると思います.
しかしながら,うまく動作させるためには,Sleep()で適時ウェイトをいれたりと,Try&Errorが必要となります.
実機がないとこれが難しいです...
Posted by ori at 2008年02月29日 22:48
なるほどー。
プログラムって結構大変なんですね。
いつも便利な道具を作ってくださって、ありがとうございます。
実績のある方には、WILLCOMやSharpからの実機の貸出制度があればいいんですけどね。
Posted by a at 2008年03月01日 15:17
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87111584

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。