2007年10月18日

W-SIMへのファイルの書き込み

W-SIMへのファイルの書き込みはshphonelib.dllのFT_SendFile()でいけると思います.(未確認ですが)
int
FT_SendFile(
  LPWSTR pDestFile,
  LPWSTR pSrcFile,
  unsigned long ulFileSize,
  LPWSTR pLocalTimeStr
)

引数の意味は多分以下の通り.
pDestFile : 書き込み先(W-SIM内)のファイル名
pSrcFile : 書き込み元(W-ZERO3のファイルシステム上)のファイルパス
ulFileSize: 書き込むファイルのサイズ
pLocalTimeStr: 書き込み日時の文字列(書式はYYYYMMDDhhmmss)

例としてはこんな感じ.
FT_SendFile(L"Netsetting.dat", L"\\Temp\\Netsetting.dat", 52, L"20071018013730");

ただ,shphonelib.dllには書き込んだファイルを削除する機能は実装されていないみたいなんで,実験するのが難しいんですよね〜
posted by ori at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

WSIMFileGet v0.03

WSIMに保存されているファイルを読み出すアプリWSIMFileGetのバージョンアップです.

バイナリとソースはこちら.

WSIMFileGet_v003.zip
WSIMFileGet_v003_src.zip

今回のバージョンアップでUIをマトモにしました.
(それに伴い"日記"カテゴリから"自作"カテゴリへ格上げしています)

とはいうものの,何の役にも立たないアプリなんですけどね.
とりあえずソースを公開しておけば,誰かが無印003向けに電話帳データをW-SIMへ書き込むアプリを作ってくれるんじゃないかな〜,と期待してみたり.
posted by ori at 23:40| Comment(2) | TrackBack(1) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

W-SIMからのファイルの取得(うまくいったかも)

W-SIMに保存されているファイルの取得に成功しましたので,テストアプリを公開しておきます.

バイナリとソースはこちら.

WSIMFileGet_v001.zip
WSIMFileGet_v001_src.zip

WSIMFileGet_v002.zip
WSIMFileGet_v002_src.zip

WSIMFileGet Netsetting.dat を実行すると,オンラインサインアップ情報が取得できます.
WSIMFileGet Mytelebook.dat で,電話帳データが取得できると思います.(未確認)

W-SIMに保存されているファイルの一覧が知りたい方は,適当にソースをいじってみてください.

電話帳データの調査もしたいんですけど,WS003SHしか所有していないんで無理なんですよね...

(追記) 2007/10/15 0:32
W-SIM内のファイルリストを表示する機能を追加しました.

(追記2) 2007/10/15 23:00
readme.txtの記載に誤記があったため,v002のアーカイブを差し替えました.
posted by ori at 20:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

venttoggle v0.01

WILLCOMの新高速化サービス(Venturi Client)の有効/無効 切り替えアプリです.

拙作のventctrlと大きく機能は変わりませんが,ユーザインターフェイスを変更しています.
基本的に2chブラウザ2++起動時に使用することを想定しています.

バイナリとソースはこちら.

venttoggle_v001.zip
venttoggle_v001_src.zip
# サービス終了に伴い,公開を終了しました.
続きを読む
posted by ori at 16:57| Comment(7) | TrackBack(1) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

W-SIMからのファイルの取得(うまくいかず)

オンラインサインアップを行うと,各種設定値はNetsetting.datというファイルとして,W-SIMへ書き込まれます.

W-SIMへのファイルの読み書きはshphonelib.dllの以下のメンバ関数を使用しているみたいです.

int __cdecl CshphoneClientlib::FT_ProcessBegin(void)
void __cdecl CshphoneClientlib::FT_ProcessEnd(void)
int __cdecl CshphoneClientlib::FT_GetFileList(struct WSIMFileList_TAG *)
int __cdecl CshphoneClientlib::FT_RecvFile(wchar_t const *,wchar_t const *,unsigned long)
int __cdecl CshphoneClientlib::FT_SendFile(wchar_t const *,wchar_t const *,unsigned long,wchar_t const *)

FT_GetFileList()でファイルのリストを取得するところまでは成功したんですが,FT_RecvFile()を呼び出すとアプリが落ちちゃいます.
誰かうまくいっている人はいないかな...


(追記) 2007/10/12 23:44

とりあえず,現在までの解析用テストコードを置いておきます.
FileGet.zip
誰か後を引き継いでくれないかしら.
posted by ori at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

Today画面からの発着信履歴表示(続き2)

一点書き忘れてました.
es, ad[es]持ちのプログラマな方が見ていたら教えてください.

Today画面で左右のキーを押して発信履歴,着信履歴を表示する際に,電話アプリに何かメッセージが飛んでいっていますか?(WM_USER+???)

メッセージが飛んでいってるのならば,wParamとlParamもついでに教えていただけると有り難いです.
posted by ori at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Today画面からの発着信履歴表示(続き)

DesktopExplorerWindowをサブクラス化する方法が実現可能かどうか,検証コードを書いてみました.

Today画面で左右のキーを押すことで発信履歴・着信履歴を表示できるようにするアプリです.
es, ad[es]では標準で可能なため,無印003向けとなります.

バイナリとソースはこちら.
tdCallLogHk.zip
tdCallLogHk_src.zip

あくまでも検証用なため,実用にするのは控えたほうが身の為ですよ.

続きを読む
posted by ori at 16:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Today画面からの発着信履歴表示

esやAd[es]ではToday画面で左右のキーを押すと,発信履歴,着信履歴が表示されるそうです.
これが,技術的にどのようにして実現されているのか,微妙に気になります.

Today画面で左右のキーを押したら,現在選択されているTodayPluginに左右のキーが押されたことが通知され,そのPlugin内でイベントが処理されるのが普通です.

どのTodayPluginが選択されていたとしても,問答無用でキーイベントを横取りし,自前の処理を行う(この場合 履歴の表示)ためには,かなり特殊なことを行う必要があると思われます.

予想としては2つあります.


■ 予想 1.キーボードドライバ側で特殊な処理を入っている

キーボードドライバ(d2keybd.dll, shkeybd.dll)側に以下のような処理が入っている.

 ・左右のキーが押されたとき,Today画面表示中ならば,電話アプリへ履歴の表示を要求.
 ・左右のキーが押されたとき,Today画面表示中でなければ,通常のキーコードを発行.


■ 予想 2. Today画面(DesktopExplorerWindow)のサブクラス化

リモートスパイ++で見ると分かると思いますが,各々のTodayPluginの一行ごとにウィンドウが存在します.
そのウィンドウの親の親の...と遡って,トップレベルウィンドウがDesktopExplorerWindowです.

DesktopExplorerWindowをサブクラス化し,左右のキーが押された・離されたメッセージを独自に処理してしまえば,各子ウィンドウであるTodayPluginへ処理が移らず,希望した内容が実現できます.


多分,予想2.が正解なような気がしますが...

posted by ori at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

HookKeyHook v0.06

W-ZERO3の通話/終話ボタンに他アプリ起動を割り当てることが出来るようにするアプリ HookKeyHook のバージョンアップです.

バイナリとソースはこちら.

HookKeyHook_v006.zip
HookKeyHook_v006_src.zip

今回のバージョンアップでは,exeファイル以外も登録可能なように修正しました.

.txtなどの通常のファイルを指定した場合,関連付けされたアプリが起動することになります.
posted by ori at 21:00| Comment(7) | TrackBack(1) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

Opera8.7 AccessKeyの無効化

某巨大掲示板に書き込んだネタではあるんですが,このblogでも書いておきます.

8.6x以降のOperaではアクセスキーの機能が追加になっています.
人によってはこの機能は便利だと思うのですが,アクセスキーがinput.iniの設定より常に優先されるため,input.iniをカスタマイズしている人にとっては邪魔以外の何者でもありません.

というわけで,アクセスキーを無効化するバイナリパッチです.

Opera87DisableAccesskey.zip
posted by ori at 12:14| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。